マイル女子部

ポイントサイトからクレジットカード作って一気にポイント貯めて世界一周チケットを手に入れました!

マイルで投資が可能に!ANA、トラノテックと「マイル投資サービス」を開始:MarkeZine(マーケジン)

はー、こんなん出来たんですね(゜o゜)

手を出すかどうか悩むところですね。


マイルで投資が可能に!ANA、トラノテックと「マイル投資サービス」を開始:MarkeZine(マーケジン)

LINE Pointから交換した東京メトロポイントをANAマイル交換に出しました!【2019年2月】

マイル女子部の皆様

2/11、見るとLINE Pointから交換した東京メトロポイントが結構貯まってました。

ここから14,400ポイントをANAマイル交換にに出しました!

交換レートは0.9倍なので、12,960マイル手に入りますね!

次の次の旅行まで完全に視野に入りました。


f:id:Milelife:20190212125741j:image

ポイ活からの陸マイルによる世界一周特典航空券への道【2019年2月11日更新】

マイル女子部の皆様

2018年9月21日~10月3日の13日間、陸マイラー活動で貯めた85,000マイルでスターアライアンスの世界一周航空券をANAマイルの特典航空券として手に入れて、世界一周旅行をしました。

その内容は別の記事にも書いていますが、ここではANAマイルを貯めて、スターアライアンス世界一周チケットを陸マイルで手にするための方策をまとめてお知らせします。

1. 揃えよう マイラー七つ道具

(1)スルガ銀行ANA支店に口座を開設する。

ANAマイラーの場合、銀行口座はスルガ銀行ANA支店一択です。

ここに給与振り込み、口座引き落としを設定すれば、毎月微量でもマイルが付きます。

ここから入会しましょう。

なお、ANAカードを全く持っていはい方は私のマイ友プログラムから紹介も可能です。その場合、両者に100マイル入ります。こちらよりご連絡下さい。

www.ana.co.jp

(2)LINEアカウントを作る。

様々なポイント⇒LINE Point東京メトロポイントANAマイル

多くの皆さんがすでにお持ちとは思いますが、スマホでLINE アカウントを作りましょう。

(3) ポイントサイトに入会する。

上記のルートの「様々なポイント」の一部にあたります。

ここを利用してポイントを沢山貯める事が重要となります。

マイル女子部では下記3つのポイントサイトをおすすめしています。

理由はLINE POINTに一段階での等価交換またはそれに準ずるものだからです。

下記リンクから早速登録しましょう。

① ポイントタウン:直接LINE POINT へ。20ポイントが1円相当。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

② G Point : 直接交換だけでなく、他のポイントの経由地になる。1ポイント1円相当。 

Gポイント

③ ちょびリッチ:Gポイントに等価交換できる。2ポイント1円相当。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

(4) ソラチカカードを作る。

正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB」。

上のルートの東京メトロポイントに相当する部分のカードです。

JCB発行のものです。間違えないよう注意しましょう。

東京地区の人でなくとも必要です。何故ならここを経由しないと交換レートが下がってしまうため。

年会費2,160円(初年度無料)が必要ですが、最低限の投資と考えて下さい。

どこで作るかは、入会したポイントサイトを「どこ得」という比較サイトで検索して決めます。

この記事を書いている2019年2月11日は下記のようになっているので、ちょびリッチから作りましょう。もっと上もありますが、LINE Pointへ交換可能かで選びます。

f:id:Milelife:20190211171702j:plain

ここから入会すると、ちょびリッチのポイントが7,000円相当(14,000ポイント)もらえますが、

そもそも、ANAカード自体が入会キャンペーンをしていないと意味がありません。

2019年は1月15日(火)~4月30日(火)までに上記からWEB入会し、

カード受領後5月31日(金)迄に参加登録する事で、最大17,000マイルもらえるキャンペーン中ですので、申し込みにうってつけです!

(5) ANAマイレージクラブアプリをダウンロードして使う。

ANA Storeからのホテル予約、各種ネットショッピング、美容院予約、ふるさと納税など、直接的にマイルが貯まる情報が満載です。よく、マイル2倍キャンペーンなどもやっていますので、ちょくちょく見に行くようにしましょう。

www.ana.co.jp

(6) ANA VISA ワイドゴールドカードを作る。

こちらも高額な年会費が必要となりますが、短期間にマイルを貯めたい場合には必須です。

何故なら、普段の買い物でソラチカカードですと、1,000円で5マイルしか貯まりませんが、ゴールドカードは10マイル貯まるのです。

普段の買い物や公共料金の支払いにうってつけです。

こちらも、ANAカードが入会キャンペーンを行mmっている時期に、同様にどこ得で検索して高額ポイントを得られるポイントサイト経由で作成しましょう!

と言いたいところなのですが、2019年2月11日現在、ポイントサイトでこちらの入会広告を取り扱っているところがありません。情報が上がり次第、紹介します。

注意事項として、こちらはVISAを選んで下さい。JCBでは実際に海外に行った際に使えない事が多いので、宝の持ち腐れになってしまいます。

(7) セブンカードプラスを作る。

コンビニ支払いの振込のうち、nanacoで支払らえるものはnanacoで支払いましょう。

固定資産税などは銀行振り込みを止めて、振込用紙に変更!

ここで、nanacoポイントは貯まりませんが、このnanacoをセブンカード・プラスでチャージするとそれがnanacoポイントとなり、nanacoポイントからANAマイルに直接交換することができます。

こちらも先ずはセブンカード・プラス自体が入会キャンペーンをやっている時期に作る必要がありますが、2019年2月11日現在、入会で最大7,000ポイントもらえるキャンペーン中です。どのポイントサイト経由で申し込むかは、下記の様になっていて、5,000円相当のポイントがもらえるGポイントがよさそうです。

f:id:Milelife:20190211171727j:plain

nanacoからのマイルについては、詳しくは下を見てください。

www.xn--eck4fqbw770af7b933k.tokyo

 

2. 送ろう マイルを意識して生きる"マイルライフ"

上記を揃えて基盤が整ったら日常生活で下記を徹底しましょう。

(1)ものを買ったりサービスを利用したりする際には必ずANAマイルが貯まるかどうか確認して利用する。

何かする時には、以下の順でポイント(マイル)が貯まらないかを確認します。

①ANAマイレージクラブアプリを開けてANA Storeを確認

楽天やヤフーでの通販だけでなく、美容院やマッサージ、映画チケット、ふるさと納税も、マイルを貯めるチャンスです。

②次に、LINE POINTにこれらのサービスが無いか確認

あればポイントがどの程度もらえるのか確認します。

③続いてどこ得で同様にポイントが付くポイントサイトが無いか調べる。

ポイントが多くつくサイトから利用しましょう。但し、下記を忘れないで下さい。

単純比較ではありません。ポイントタウンがものすごいポイントでも1/20で見る事を忘れないでください。

  • ポイントタウン:20ポイントが1円相当
  • G Point : 1ポイント1円相当。 
  • ちょびリッチ:2ポイント1円相当。
④日常の買い物をする際にも、どんな時も一度は「クレジットカード使えますか?」と聞く。

街のランチでも雑貨店でもどこでも使えそうになくても一度は使えるか聞くのを習慣にしましょう。クレジットカードが使えない場合にも、PaypayやOrigami Pay, Suica, pasmo, Edy, Quicq pay, nanacoなどが使えれば、それをクレジットカードチャージすれば間接的にマイルにつなげる事ができます。

ともかく、現金払いと銀行振り込みを極力少なくする事を心がけて下さい。

ANA Storeで見て分る通り、Lifeカードポイントも、楽天ポイントも、高島屋ポイントも、Jaccssポイントも永久不滅ポイントも、EPOSポイントもoricoポイントも、東急ポイントもANAマイルに移行できますので、どんな時も少額でもできる限りクレジットカードを使って下さい。

(2) クレジットカードを作成しよう。

クレジットカード作成に対するポイントが最も大きいので、月2枚、別々のブランドのクレジットカードを作りましょう。

ねらい目はもちろん年会費無料か条件付き年会費無料(年1回使用で無料等)。

例えば、楽天カードとLifeカードなど。多過ぎると審査に通らないらしいので、2枚以下に抑えます。

もちろんこの申込先も、そもそもそのカードが入会キャンペーンをやっている期間にかどうかを調べ、続いて、(1)-②のLine Pointの中に申込広告があるかどうかを調べ、

続いて(1)-③のどこ得を利用してポイントサイトで一番ポイントがもらえるところを探すのを忘れないで下さい((1)-①のANA Storeにはクレジットカード発行広告はありませんので、無視してください)。

ポイントサイトは更に、"本日中に限り"的なタイムサービス的なこともやっていますので、それもよく見てください。

一番高いポイントがもらえるところが分かったら、そこから申し込んで、大量のポイントをゲットしましょう。

(3) ネット銀行口座を開設しよう。

これも同様にLINE経由かポイントサイト経由で行います。

私は既に持っているところが多くてあまり恩恵にあずかれなかったのですが、

  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

 等の口座開設(もちろん無料)を行えば、ポイントがゲットできます。

(4) 無料セミナーに参加しよう。

ポイントサイトに掲載のある「女性のための〇〇セミナー」といったような無料のセミナーに参加しましょう。それだけでポイントがもらえます。

見るからに勧誘が多そうなものは避けた方が良いと思いますが、多くのセミナーは勧誘はほとんどありません。

3. 貯まったポイントをマイルに移行しよう。

上記に書いた通りで、ポイントサイトだけでなく、クレジットカードポイントや、Tポイントなども全てマイルに移行します。LINE POINT経由の東京メトロポイントまたは直接行ける場合は東京メトロポイントに交換し、その後、ANAマイルに交換します。

ここで注意点は

・直接の交換ルートがあっても、LINE POINT経由の東京メトロポイントにした方が交換レートが高くなる場合がある。

例えばPoint Townは直接ANA マイルに交換できますが、LINE pointに一旦交換した方がお得

・LINE pointは1,000ポイントずつしか東京メトロポイントに換えられない。

 面倒なので、こまめに換えよう。

・Tポイントの期間限定ポイントは通常はマイルにできないが、 ヤフオクでGポイントのギフトコードを購入すれば、捨てずにGポイントにすることができる。

・Tポイントの期間限定ポイントはLINEポイントにはできない。ヤフオクで売っていたとしても、それは東京メトロポイントに移行できないものである。

・東京メトロポイントへの反映は毎月10日だが、そこまで来るのに結構時間がかかるので注意。

・東京メトロポイントからANAマイルへの交換レートは90%。100ポイントからなら90マイル。

東京メトロポイントはANAマイル移行に1~2か月もかかる。反映翌日の毎月11日に実施してタイムロスを最低限にしよう。

・東京メトロポイントはANAマイル移行は20,000ポイントが1月の上限なので注意しよう。

4.マイルを世界一周チケットに交換しよう。

マイルが貯まる目途がついて、旅に出られる時間が確保できそうになったら、旅の準備をしましょう。ホテルは後で全く問題無いので、先ずは航空券ルートを考えます。

(1) スターアライアンスのBook&Flyで飛行ルートを検討する。

世界一周とは、地球を一方向に移動して、出発した国に戻るチケットを指します。

概ね90,000マイル程度あれば何とか回れます。

必要マイル数についてはこちらを見てください。

www.xn--eck4fqbw770af7b933k.tokyo

どういうルートで回るかはスターアライアンスのBook&Flyを参考にすることができます。

こちらで、おおよそ何マイル相当かも出ますので、貯めるマイルの目標も立てられます。

(2) ANAマイレージクラブカードデスクに電話する。

実際の発券はANAのカードデスクに電話して予約してもらう必要があります。

上記のBook & Flyだけでなく、ANAのホームページで提携航空会社の特典航空券が取れるか検索しておくと早いでしょう。

残念なことに、ANAのカードデスクはいつも混んでいて、しかもその日に全行程取れないと予約はできません。

一部だけ予約して後を待ってもらう事は出来ないのです。

従って、私の様に直前にやるとどうしても取れないところとか出ます。

また、カードデスクの人のスキルが低くて、マイルの特典航空券と言って話を始めているのに、有料の世界一周航空券として予約を始める人がいますので、

必ず、「特典航空券で」と途中で何度か確認した方が賢明です。

なお、発券されるまでに行程は変更することができますので、

一旦全部が予約されたら先方からいつまでに決めてくれと日付を言われますので、

その間に行程を見直して次に電話する迄に再確認しましょう。

変更の場合、その日から再度予約しなおしとなりますので、発券を更に遅らせる事が出来ます。

カードデスクへの電話は有料回線ですので、結構電話料金はかかる事になります。

今回学んだのが、経由便は経由地迄だと満席扱いか運行無い前提になってしまうのだが、通しだと特典航空券として出てくることがある事。

例えば、アイスランドのレイキャビク→イギリスのロンドンはルフトハンザ便となりで、

間に経由地としてルフトハンザの本拠地のフランクフルトが入りますが、

フランクフルトで途中下車しようとすると、

レイキャビク→フランクフルトは満席扱いで席がない。

ですが、レイキャビク→フランクフルト→ロンドンで取ると十分空きがある。

このような取り方も旅の技術と思いました。

 

 

さて、いかがでしたか?

先ずはポイントを貯めるところからですね。

ポイントが貯まったら、素敵なスーツケース持って旅に出ましょう!

www.xn--eck4fqbw770af7b933k.tokyo